So-net無料ブログ作成
検索選択

この夏1番の思い出

一昨日の雨の後、前線が南に下がり八ヶ岳はすっかり秋の気候になりました。

日曜日、ニッポン放送終了後、品川に完成した劇団稽古場のファンの皆さんに披露する会がありました。
賑やかなトークと抽選会で盛り上がり、僕もスタミナや公演以来のファンの皆さんとの久しぶりの接近遭遇でした。

披露会の終了後、家族の待つ八ヶ岳小淵沢まで高速バスでひとっ飛び

高速のバス停に降り立つと山はすっかり秋の気配。
カミさんが迎えに来てくれて、子供達はもう眠ったと教えてくれました。
駐車場に車を停めカラリとした空気の庭に降り立ち、冴え渡る満天の星空を見上げると時折り流れ星が。
その下には八ヶ岳が黒いシルエットで…、明日は登れるかもしれない。

例年夏の早朝や夕方には八ヶ岳がきれいに見えるのですが、今年の夏は水蒸気が多くのか今ひとつハッキリしなくて息子との山登りが先送りになったままでした。
月曜日朝5時30分。
見えました!今朝はハッキリと八ヶ岳が見えました!

犬達の山歩き散歩を済ませハウスに戻り息子に声をかけると飛び起きて準備を始めました。
1年生の娘がついて行くと言うのをなだめすかしてやっとの事で出発。

途中コンビニでおにぎりやチョコレート、アメ、ビスケットを購入。
食料担当は息子なのでどれも息子が気合いの選択。

標高1600mの観音平を7時23分に出発。
いよいよ息子の八ヶ岳初登山のスタートです。

登り始めて間も無く「エネルギー補給」とリュックからアメを取り出して口にほうばりましたが一向にペースが上がりません。
20分程してちょっと休憩。
それから20分程でまた休憩。
アメとチョコレートの消費ペースが上がるばかりで足のペースは下がり気味。
「これは早目のUターンが賢明かなぁ…」なんとか激励しつつやっと標高2100mの押手川に到着。

10分程のんびり休憩。
再スタートして「もう少し登って富士山を見たら下山だな」と思いながら登っていたら、突然息子がペースアップ
少しづつ僕が置かれ始めました。
余り先に行かないようにと声をかけるながら青年小屋到着。
ここから頂上までの160mは岩を乗り越え登るのですが、息子は休憩もせず登ろうと急かします。
仕方なくホンの一休みで岩登りスタート。
流石にここは父ちゃんの方が早かったけれど、180センチと135センチの身長差を考えれば良く頑張りました。

スタートから3時間50分、無事八ヶ岳編笠山山頂到着!
息子の八ヶ岳初登山成功。
気温は14度。
山頂に着く少し前から雲がかかり始めましたが、お昼のおにぎりを食べていたらどんどん晴れてきて、諏訪湖、富士見、小淵沢、甲府盆地、そして雲の上に富士山がその頭を見せてくれました。

下山は息子のたっての希望で大人でも辛い正面から。
順調に降りていたら途中でルートを間違えたことに気がつく?
ひとつ尾根お隣の富士見の町に向かっていたのです。
富士見だと観音平よりも300mほど標高が低いので歩く距離が長くなりますが、いつも犬達とジョギングで走ってる所に出るのでそのまま下山。

スタートしてから6時間を過ぎ流石にしんどそうなので、ダメになったらおぶってあげると言ったら「ここまで頑張ったんだから最後まで歩く」と頼もしい一言。

午後2時46分、無事富士見高原登山口に到着。
その後温泉に入りハウスに帰りましたが、夜まで昼寝をするわけでもなく元気一杯!
「また山に登りたいなぁ。少しづつ高い山に登ったらエベレストにも登れるかなぁ」
日記をかきながら話す息子の笑顔に思わず目頭が熱くなった父ちゃんでした。

追伸。
次の日、置いてけぼりにしてしまった娘の為に、カミさんと4人で八ヶ岳の白駒池トレッキング。
家族4人の共通の夏の思い出が出来ました。

image.jpeg

image.jpeg



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 1

たけまる父ちゃん

連れて行ってくれて、ありがとうございました。本当にたくましくなってきたね。母ちゃんより
by たけまる父ちゃん (2013-09-10 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。